2012年 03月 28日
メモ
ハエもふられるとやけ酒?=脳内物質関与、中毒解明に期待−米大学

雌にふられたショウジョウバエの雄は、雌と交尾できた雄よりアルコール入りの餌を好んで酔っ払うことが、米カリフォルニア大の研究チームが行った実験で分かった。この行動には脳の神経伝達物質「ニューロペプチドF」が関与しており、人間にも同様の「ニューロペプチドY」があることから、アルコール・薬物中毒のメカニズム解明に役立つという。論文は16日付の米科学誌サイエンスに発表された。
[PR]

by hatamasanorihata | 2012-03-28 08:39


<< メモ      メモ >>